Sponsored Link

秘密保護法案の概要と問題点は?賛成反対の内容と関連銘柄ラックは?



丸秘

10月25日の午前、政府は秘密保護法案を決定しました。

法案の概要、どのような課題・問題点があるのか、気になるところです。

藤原紀香さんもご自身のブログで心配しているとのこと。

パブリックコメントでも秘密保護法案についての反対意見が多いようですが、賛成意見は?

この法案によって上がった株の銘柄もあるようですね!

 

それらの情報について調べてまとめてみました!

 

Sponsored Link



 

秘密保護法案の概要

秘密保護法案は、4つの分野の情報
・防衛
・外交
・スパイなどの特定有害活動
・テロ活動防止
について、行政機関の長が「漏洩すると国の安全保障にいちぢるしく支障を与える場合がある」
と判断した場合、その情報を「特定秘密」指定し、

それを漏洩させた公務員等へ、最高で懲役10年の罰則を与えるものです。

国家安全保障会議のような組織を作ることを念頭において、政府の内部での秘密保全の強化をするという目的もある。

法案の中で「知る権利」「報道の自由」について配慮することも明記されています。

 

問題点は?

○情報は誰のもの?

機密情報を漏洩した時の処罰の対象が一部の与党議員に限定されています。

つまり、機密情報は一部の与党議員にのみ知らされ、野党議員には知らされないということです。

機密情報を保持する官僚は、税金で雇われた国民の代表です。
つまり、機密情報は国民のものと理解することが出来ます。

同じ国民の代表である野党に知らされないというのは、果たしてどうなのでしょうか?

 

○国民の「知る権利」は?

処罰の対象が広がり、罰則も強化されることで
国民が知ることのできる情報が減ることは間違いないでしょう。

 

賛成と反対の意見

パブリックコメントでは、反対77%、賛成13%のようです。

やはり、「知る権利」や「報道の自由」などが危ぶまれるため、反対意見を大多数を占めるようです。

賛成意見としては、
・情報漏洩がひどいため歯止めが必要
・機密にしておく情報もあって当然
と考えている方が多そうです。

 

株銘柄の動き

秘密保護法案が決定されたことで、関連する株に影響が出ています。

政府からお声がかかって国家レベルでセキュリティ対策をしている㈱ラックの株価は急騰したようです。

UP

 

色々と考えさせられる秘密保護法案ですが、

日本と日本国民が幸せになる方向に進むことを願っています。

 

Sponsored Link



よろしければこちらもどうぞ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ
2014年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

このページの先頭へ