Sponsored Link

藤島利久が詐欺師?被害者の「金返せ」が話題に!経歴とwikiは?



大阪市長選挙に、橋下徹の対立候補として、藤島利久が出馬するというニュースがありました!

藤島利久

藤島利久って誰?って感じだったので、調べてみたところ

「金返せ」「詐欺師」「被害」など、なにやら危険なにおいがするキーワードが…

そこで、その気になるキーワード達に加えて、

経歴などについても調べてwiki風にまとめてみました!

 

Sponsored Link



 

藤島利久(ふじしまとしひさ) プロフィール

wikipediaには掲載されていないようなので、簡単に経歴などをまとめてみました。

生年月日:1962年5月4日(現在の年齢は51歳)

出身地:高知県長岡郡本山町

高校:嶺北高等学校卒業

大学:東海大学工学部原子力工学科

(3回生の時に父親が詐欺被害に遭ってしまい学費が払えずに中退)

 

その後、実家の檜笠製造販売を経て、衆議院議員公設秘書となり、

2007年~2011年までに、高知市長選や参議院選、高知県議会選に出馬、

2013年には、消費税減税・TPP不参加・脱原発などを掲げて

衆院選にも出馬していますが、残念ながら全て落選しています。

 

ちょくちょく選挙には参加しているようですが、まだ結果は残せていないようです。

親の詐欺被害が原因で大学を中退しているあたり、苦労しているんだなーと思われますね。

 

詐欺師?金返せとは?

政治活動している人に、詐欺師というキーワードが出てくると、

ちょっと疑わしく思っちゃいますよね?

 

なぜ詐欺師と言われているのか、調べてみたところ、

その理由と思われるエピソードがありました。

 

藤島利久が、第46回参議院選挙に出馬した際に、

同じく出馬していた丸子安子の供託金600万を援助したようなのですが、

丸子安子の発言と食い違いがあるようです。

 

選挙に出馬するためには、供託金600万円が必要で、

この供託金は、当選するか、それなりの成績を収めることで返してもらえますが、

そうでなければ没収されます。

 

元々選挙資金がゼロで、党からの資金援助もなかった丸子安子は、

インターネットで供託金の援助つのって600万円集めたと話しているのですが、

藤島利久は、丸子安子の供託金600万円を借金して援助したと話しているのです。

 

結果的に、丸子安子は落選し、供託金は没収されているのですが、

二人の話していることは、矛盾していますね。

 

また、藤島利久は、東京に出張した際に

所持金が1528円になったといって、カンパを募ったりもしていたようです。

ネットでは、「人の供託金を払えるのに、なんでカンパ?」と不信に思う声や

「詐欺だ、金返せ」という声もありました。

 

 

このエピソードが、「詐欺師」や「金返せ」というキーワードが出てくる原因となっているようですね。

 

丸子安子との発言の矛盾の件などは、

どちらが正しいのか、はたまたどちらも事実でないのかはわかりませんが、

人からお金をもらっているのなら、誠実に使ってほしいところですね。

 

詐欺師というのは、少し言いすぎだとは思いますが、

政治家をやるのなら、約束を守ったり、自分の発言に責任をもったりと、

きっちりするところはきっちりしないといけませんね。

 

もし大阪市長に選ばれることがあるなら、

詐欺師なんて言われないように、大阪を少しでも良い町にしてほしいですね!

 

Sponsored Link



よろしければこちらもどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ
2014年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

このページの先頭へ