Sponsored Link

大阪マラソン2014の抽選倍率は?個人とペアとグループ別で予想!



今年も、大阪マラソンのランナーの募集が開始しましたね☆

大阪マラソン2014ロゴ
あなたはもう応募しましたか?

出場したい方は、エントリーをお忘れなく^^

 

皆さんご存知かとは思いますが、

大阪マラソンは、申し込みすれば誰でも参加できるというわけではなく、

抽選で当たらないと、参加できません><

そこで今回は、気になる抽選倍率などについて、まとめてみました☆

 

・大阪マラソンの日程

・大阪マラソンのコース

・大阪マラソンの抽選倍率は?

 

Sponsored Link



 

大阪マラソンの日程・コースについて

まずは、大阪マラソンの概要についてご紹介します。

 

正式な大会名称は、「第4回大阪マラソン~OSAKA MARATHON 2014~」

主催は大阪府と大阪市、(一財)大阪陸上競技協会です。

種目には、「マラソン」と「チャレンジラン」があり、

マラソンの中には、「登録」と「一般」と「車いす」があります。

 

2014年の第4回大阪マラソンの開催日時は2014年10月26日(日)です。

エントリー受付方法や参加費は、参加区分によって違うので、公式サイトを確認してみてくださいね^^

 

大阪マラソンのコース

 

大阪マラソンのコースは、マラソンとチャレンジランと2種類あり、

こんな感じです↓

大阪マラソンのコース

両方とも、スタート地点は大阪城ですが、

ゴール地点が、マラソンはインテックス大阪、チャレンジランは大阪市役所前になっています。

 

大阪マラソンの抽選倍率は?

最後に、気になる抽選倍率の予想をしてみたいと思います^^

 

まずは過去のデータです!

  年       応募/定員     倍率

2011年   143,351/28,000人   5.12倍

2012年   145,254/28,000人   5.19倍

2013年   154,822/28,000人   5.53倍

上記のデータは、フルマラソン全体のデータです。

年々応募者が増えていることからして、今年もさらに応募者が増えると予想されますね!

 

次に、個人・ペア・グループの中で、どの応募方法が一番当選しやすいかです。

こちらについて調べてみたのですが、

表向きには、どの参加方法でも当選確率は同じのようです。

 

しかし、ちょっと違った目線で見てみると、、、

参加料に注目です。(国内で比較)

個人 → 10,000円
ペア → 28,000円 → 14,000円/人
グループ → 98,000円 → 14,000円/人 (7人の場合)

つまり、個人<ペア<グループの順で参加費が高くなっているんですね?

グループの場合は、最多7人で申し込んだ場合で計算しているので、

人数に関わらず98,000円なので、人数が減ると、一人当たりの参加費はさらにあがります(・・;

 

つまり、個人よりも、ペアやグループ参加の方が、運営サイドに入ってくるお金が多くなるわけです!

まあ、表向きは、どの方法でエントリーしても、当選確率は同じのようですが、

こういった要素があるのなら、ペアやグループで申しこんだ方が、

当選確率が上がると考えることもできますね?

 

実際のところは、当選倍率は変わらないかもしれませんが、参考までに^^

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪



コメントを残す

サブコンテンツ
2015年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

このページの先頭へ