Sponsored Link

ラブライブ!μ’sの「MOMENT RING」はオリコン1位獲得なるか?それよりもファイナルシングルなのになぜタイトルに「僕」を使わないのか…



3月2日、μ’sのファイナルシングルとなる「MOMENT RING」が発売されました。
とうとうμ’s最後の曲ですね(><)

発売日前日のデイリーランキングでは惜しくも2位でした。

オリコンデイリー CDシングルランキング 2016年03月01日付
http://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2016-03-01/

 

スクフェスのシリアルコードが付いてくるので、コンプリート目的で3枚以上購入する人も多そうな気がしますし、最後ってことで購入する人も多いのではないでしょうか?
なので発売日後のデイリーや、ウイークリーで1位になってもおかしくない気もするんですが、ただやはり同じ日にジャニーズが居る時点で厳しいでしょうか・・・・・・。

 

ちなみに発売前から視聴動画がアップされていましたが、実は私はまだこの曲を聴いていません(・8・)
ラブライバーとしてはこれが最後の曲かと思うと寂しくて辛くて、聴きたいけど聴くのがもったいないような、複雑な気分なんです・・・・・・。

 

そんなことよりも、私としては曲のタイトルが気になってしまいました。
「MOMENT RING」というタイトルが良いとか悪いとかではなく、
なぜタイトルに「僕」という言葉を使わなかったのか?という疑問があります。

Sponsored Link


重要な曲のタイトルには「僕」が使われることが多かった

μ’sの曲は、女性の歌でありながら歌詞に出てくる1人称は「僕」が多いという特徴があります。
そして歌詞だけでなく、これまでμ’sの曲ではここぞという時、タイトルにもよく「僕」という言葉が使われていました。

 

μ’s 1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」

TVアニメ1期オープニングテーマ「僕らは今のなかで」

TVアニメ2期オープニングテーマ「それは僕たちの奇跡」

劇場版 エンディングテーマ「僕たちはひとつの光」

 

という感じです。

 

しかも今回、CDジャケットのμ’sメンバーの衣装が、まさかの1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」と同じ衣装というサプライズ的な要素もあったので、なおさらなぜ「僕」を使わなかったのかが疑問なんです。

 

MOMENT RING [ μ's ]

MOMENT RING [ μ’s ]
価格:1,296円(税込、送料込)


 

タイトルの仕掛け?

色々調べてみると、「MOMENT RING」というタイトルの理由の1つとして

劇場版挿入歌「SUNNY DAY SONG」 →
劇場版挿入歌「僕たちはひとつの光」 →
ファイナルシングル「MOMENT RING」 →

そして新シリーズ「ラブライブ!サンシャイン」のAqoursの1stシングルのカップリング曲

「Step! ZERO to ONE」 →

と、次の始まりへ繋がるという仕掛けの説もあったりするようですね。
SUNNYで3、2は無理があるような気がしましたが、実際に曲の振り付けの中で指を3、2としているので信憑性はありそうですね。

 

もしこの話が本当だったとしても、劇場版挿入歌の2曲目からだったり、1stシングルのメインではなくカップリングだったりと中途半端な気がします。
それよりも「僕」を使うことにこだわって欲しかったなぁというのが正直な感想です。

衣装が「僕らのLIVE 君とのLIFE」と同じなのは個人的に本当に良かったんですが……。

 

そのうちラジオの「にこりんぱな」あたりで真相が聞けたりしないかなぁと期待してみます(・8・)
なんにせよ、とりあえずCDを買いに行かないとですね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪



コメントを残す

サブコンテンツ
2016年3月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

このページの先頭へ