Sponsored Link

ソフトバンク笠井和彦氏の死因、肺カルチノイドとは?その症状と原因



softbank笠井和彦

ソフトバンクの代表取締役社長兼オーナー代行である笠井和彦氏(76)が

10月21日A.M.9時にお亡くなりになられました。

野球の楽しさや感動を伝えてきた笠井氏が亡くなられたことは、とても残念に思います。

死因となったのは「肺カルチノイド」という病気だそうですが、

あまり聞きなれない病名だったので、いったいどういった病気なのか、調べてみました。

 

Sponsored Link



 

肺カルチノイドとは?

カルチノイド(carcinoid)とは悪性の腫瘍のことで、肺に限らずいろいろな臓器に出来るものです。

また、カルチノイド腫瘍患者の一部に発生するカルチノイド症候群のことを言うようです。

カルチノイドが発祥する部位は、約6割が胃腸管、約2割が肺とのことです。

また、肺カルチノイドは、10,000人に1人程度と、非常に珍しいようです。

 

原因と症状、予防方法は?

肺カルチノイドは、タバコやストレス、紫外線や発がん性物質が原因と考えられていますが、

たばこは関係ないといった見解も一部あるようです。

がんの英語表記「carcinoma」とにており、がんと類似したところがあるようで、

肺カルチノイドの初期の症状は、肺がんと似ているようですが、

がんに比べて転移は少ないようです。

肺カルチノイド患者の約半数は特に症状が出てこないようですが、

症状が出た場合については、呼吸困難や息苦しくなったり、咳がひどくなるようです。

そのため、お医者さんにいっても、喘息と間違われて、発見が遅くなってしまうことがあるようです。

 

予防法については、調べてもハッキリとこれと言えそうなものはありませんでしたが、

とりあえず、肺カルチノイドだけでなく、健康に害があるタバコは

やめておいた方が、安心かもしれませんね(^^;

 

Sponsored Link



よろしければこちらもどうぞ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ
2014年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

このページの先頭へ