Sponsored Link

産後クライシスはいつまで?原因と対策?離婚せず克服するには?



parents

出産といえば、夫婦にとっての幸せな一大イベント!

 

・・・と、思うのですが、

二人で子育てをして、幸せになるはずが、

出産後に夫婦の仲が急速に悪化してしまう「産後クライシス」という現象が起こることがあるようです。

その産後クライシスの内容と、原因や対策についてまとめてみました。

 

Sponsored Link



 

なぜ起こる?原因は?

couple angry

産後クライシスの原因には、人間の本能的なものがきっかけとなって起こります。

しかしそれだけではなくて、夫婦間のコミュニケーションにも原因があるようです。

 

まず本能的な原因として、産後の女性に起こる変化があります。

産後の女性はホルモンの影響によって、母親としての気持ちが強くなります。

また、妊娠しないように性欲が抑制されます。

他にも、寝不足や授乳によるカルシウム不足などもあります。

 

身体面以外の問題としては、

夫が仕事でなかなか育児に参加しにくかったり、

夫婦共に、産後の女性の身体的な変化についての理解していないことがあげられます。

 

いつまで続くの?

いつまで続くかは、はっきりとはしておらずケースバイケースのようですね。

ただ言えることは、産後クライシスについてお互いが理解し協力し合うことが、

すこしでも早い解決に繋がるでしょう。

 

 

対策や修復方法は?

 

まずは、産後クライシスについて、お互いが理解しておくということが大切です。

 

夫側は、産後の妻の身体に起こる変化と、それに伴う感情の変化について知っておくことが大切です。

知っていれば「妻が最近冷たい」「すぐに怒られる」「優しかった妻が変わってしまった」という感情で終わらずに、

「でもこれは身体の変化が原因だから仕方ない」「愛されなくなったわけではない」と、妻を理解しやすくなるのではないでしょうか。

可能な限り育児や家事をすることも、やはり大事ですね。

 

また、妻側も、産後クライシスについて知っておくことで、夫に対するイライラを、

「夫のことが嫌いになった」「夫と自分は合わなくなった」と思わずに、

「今はイライラしやすい時期だから」「身体が母親モードになっているから」「子育てで疲れているから」と考えることが出来たら、

イライラした感情を「夫への愛がなくなった」と勘違いしにくくなるのではないでしょうか。

 

夫にも妻にも共通してできることは、相手に対する感謝の気持ちをもって伝え合うことでしょう。

やはり、コミュニケーションをしっかりとることは大切ですね。

baby1

産後クライシスについての本も出ているので、

まずはそういったもので知識をつけることから始めたらいいかもしれませんね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪



コメントを残す

サブコンテンツ
2015年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

このページの先頭へ