Sponsored Link

オルソケラトロジー費用相場は?デメリットは?乱視や老眼には?



 

特殊なコンタクトレンズをつけることによって、
近視などで低下してしまった視力を矯正するオルソケラトロジー。

オルソケラトロジー図

レーシックみたいに手術をしなくても視力を回復させられるのが魅力!

でもまだまだわからないことが多いという方も多いでしょう。

やってみたいけど、費用が気になる(>_<)
いいことばっかり聞くけど、デメリットはないの?
乱視や老眼にも効果があるの?
そんな疑問に対する答えを調査してみました!

 

Sponsored Link



 

オルソケラトロジーの費用ってどれぐらい?

オルソケラトロジーにかかる費用を調べてみたところ、
両眼で、およそ15万円~20万円ほどが相場のようです。

レンズ代だけで見ると、10万円を切るようなクリニックなどもあります
が、
レンズ装用開始後に検診費用が含まれていなかったりするので、
実際に問い合わせてみて確認する方がいいでしょう。

 

オルソケラトロジーのメリットとデメリット

目

◆メリット

1.寝ている時以外は裸眼で生活ができる。

これが、みなさんが一番魅力を感じるポイントでしょう。
メガネはズレるし曇る…
コンタクトは目が乾くしゴミが入ると大変…
オルソケラトロジーなら、そんなストレスはありません。

2.子供でも可能

レーシックは、18歳以上でないと手術を受ける事ができません。
でも、オルソケラトロジーなら、10歳以上であれば可能です。

3.近視の進行を抑制する効果がある。

オルソケラトロジーを装用することによって
近視の進行を抑制することができるので、
最近視力低下が気になるといった方は、
試してみるのもいいかもしれませんね。
特に子供に、その効果があるようです。

 

◆デメリット

1.定期的な装用と検診が必要。

レンズによって角膜にクセをつけるものなので
定期的に着用しないと、効果が継続しないようです。
装用をやめてしまうと、また元通りです。
また、目に異常が出ていないかなど、
定期的な検診も必要です。

2.近視や乱視が酷い場合には対応できない場合も。

あまり近視や乱視がひどいと、視力の矯正が難しいようですが
最近は強度の近視や乱視に対応したものも開発されているようです


3.はじめは効果が持続しない。

オルソケラトロジーを始めてからすぐのうちは、
効果が持続しにくいようです。
一日中効果が持続するようになるまでは、
毎日着用する必要があるようです。

 

乱視や老眼に対する効果は?

以前は、乱視や老眼には対応できなかったようですが、
現在は乱視や老眼にも対応できるようなものもあるようです!

乱視・老眼の方にとっては治療の幅が広がることは嬉しいですね!
デメリットもあるものの正しく治療を受ければ
一日中裸眼で生活できるというのは、とても魅力的ですよね。

私も近視なので、オルソケラトロジーデビューを検討中です!

 

Sponsored Link



よろしければこちらもどうぞ!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ
2014年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ

このページの先頭へ